ドクターと波.jpg

を通じて社会に貢献します

腎臓内科の診療・教育・研究

[2020/03/31]
非典型溶血性尿毒症症候群(aHUS)の検査について。
[2020/01/19]
第18回羊䌫会総会が開催されました。
[2019/12/14]
移植医療についての市民公開講座が開催されました。

名古屋大学大学院医学系研究科 病態内科学講座 腎臓内科学の教授を拝命している丸山彰一です。当教室の使命は、「腎臓内科の診療・教育・研究を通じて社会に貢献」することです。この使命を果たすべく、志を同じくする多くの仲間とともに日々歩んでいます。診療対象は、腎炎・ネフローゼ症候群、慢性腎臓病(CKD)、急性腎障害(AKI)、動脈硬化性腎障害、糖尿病性腎症、多発性嚢胞腎(PKD)などの各種腎疾患、および血液透析(HD)、腹膜透析(PD)、腎移植後の管理や電解質・酸塩基平衡異常に至るまで、腎臓に関するすべての病態です。研究は名古屋大学の最大の使命です。当教室では、特に「世界の腎臓病診療を変える力のある研究」を目標としています。

top_intern.jpg
腎不全システム治療学寄附講座/名古屋大学
循環器・腎臓・糖尿病(CKD)先進診療システム学寄附講座/名古屋大学医学部
名古屋大学における腎臓移植医療
名古屋大学大学院医学系研究科 病態内科学講座