​患者さんへ

糖尿病性腎症に対する

先進医療のご案内

LDLアフェレーシス療法について

糖尿病性腎症の中でも、タンパク尿が多くLDLコレステロールが高い患者さんは腎機能低下が早いことがわかっていますが、未だ有効な治療法はありません。 『LDLアフェレーシス療法』は、血清中のLDLコレステロールを取り除く治療法で、腎機能低下を抑制し(血清クレアチニンを改善)透析導入の回避や遅延が期待できます。糖尿病性腎症に対しては全国で指定された施設でのみ受けることができます。(保険診療と併用)

詳細はこちら

先進医療に関連する研究の詳細については、名古屋大学医学部附属病院『先進医療案内』ページ厚生労働省「先進医療の概要について」をご覧ください。

連絡先

名古屋大学大学院医学系研究科

病態内科学講座 腎臓内科学
丸山 彰一

電話
FAX

052-744-2209