医局案内

医局沿革

1940年(昭和15年)

名古屋大学内科学第三講座開設。
腎臓学をご専門とされる宇佐美鍵一先生が初代教授にご就任。

1956年(昭和31年)

山田弘三先生、名古屋大学内科学第三講座 第二代教授にご就任。

1975年(昭和50年)

坂本信夫先生、名古屋大学内科学第三講座 第三代教授にご就任。

2002年(平成14年)

臓器別内科講座への再編のため、名古屋大学大学院医学系研究科病態内科学講座免疫応答内科学となる。
松尾清一先生(現名古屋大学総長)が初代教授にご就任。

2003年(平成15年)

腎臓内科学同門会 羊纜会発足。
名古屋腎臓内科専門医研修プログラム(Nagoya Nephrology Fellowship Program)を創設。

2004年(平成16年)

免疫応答内科学より腎臓内科学へ名称変更。

2005年(平成17年)

腎臓内科学に腎不全治療システム学(現腎不全総合治療学)寄付講座を開設。

2007年(平成19年)

松尾清一教授、名古屋大学医学部附属病院病院長ご就任に伴い、湯沢由紀夫先生が特命教授にご就任。

2008年(平成20年)

腎臓内科学に慢性腎臓病地域連携システム寄付講座を開設。

2010年(平成22年)

湯沢由紀夫先生、藤田保健衛生大学 主任教授へご就任に伴い、丸山彰一先生が特命教授にご就任。
伊藤恭彦先生、腎不全総合治療学寄付講座 初代教授にご就任。

2011年(平成23年)

今井圓裕先生、病態内科学講座腎臓内科学 特任教授にご就任。

2012年(平成24年)

名古屋大学腎臓内科創設70周年記念祝賀会開催。

2015年(平成27年)

腎臓内科学 初代教授 松尾清一先生、名古屋大学総長ご就任。

2016年(平成28年)

丸山彰一先生、腎臓内科学 第二代教授にご就任。

2017年(平成29年)

伊藤恭彦先生、愛知医科大学 主任教授へご就任に伴い、水野正司先生が腎不全総合治療学寄付講座 第二代教授にご就任。