腎臓病疾患別Q&A

急速進行性糸球体腎炎(RPGN:rapid progressive glomerular nephritis)

医師案内

急速進行性糸球体腎炎への名古屋大学腎臓内科の取り組み

  • 標準的な治療に加え、リツキシマブなどの生物学的製剤による治療も積極的に行っています(生物学的製剤とは、生物が作り出すたんぱく質などを応用して作られた薬剤を指します)。

  • RPGNの診断や治療に役立つ血中・尿中の新たな物質を探す研究を進めています。

  • ANCA値をモニターした結果を元に、治療法を慎重に調整しています。

急速進行性糸球体腎炎についてより詳しく知りたい方へ